新規メンバー募集中

『医療法人の手続きを僕に頼むメリット』行政書士(医療法人・許認可)小島 和則さん

date:2019/07/30

7/30(火)Mt.チャプターの第346回定例会が行なわれました。

  


今回は先月加入されたばかりの尾崎由美さん(組織開発コンサルタント(人事制度設計))の4分間プレゼンが行われました。

組織開発コンサルタント(人事制度設計)
尾崎 由子さん

4分では伝えきれないほどの仕事内容はぜひ1to1でご確認下さい。


今回のメインプレゼンテーションは

行政書士(医療法人・許認可)小島 和則さん
こじま行政書士事務所

富士通やエプソンでの勤務経験がある小島さん。

趣味は野球、ランニング、ゴルフ、ワイン。

普段は温厚ですが、一度怒ると容赦ない。

成功のカギは「いますぐやる」とのことです。

 

今回は小島さんに、医療法人の手続きを頼むメリットを教えていただきました。


仕事内容

小島さんの仕事内容

  • 医療法人設立(勤務医、個人クリニックなど)
  • 医療法人設立後の定期的な行政庁への届け出
  • 医療法人設立後の各種変更の行政庁への届け出
  • 医療法人設立後の事業拡大のための行政庁への許可
  • 医療法人解散地の行政庁の許可

小島さんの手続きをお願いするメリット

小島さんに手続きをお願いするメリットは

本業に時間を充てることができる

があります。

医療法人にするための手続きは書類の作成等に時間がかかるため、小島さんにお願いすることで空いた時間で

  • 新しい知識・技術・経験値の取得
  • 事業運営・事業拡大の対応
  • 患者への対応

などなど、本業を集中して行うことができます。


行政庁ってどこにあるの?

都庁・県庁、保健所、厚生局、法務局にあります。

特に

  • 保健所との連携
  • 厚生局への保険医療機関指定申請

この2つが重要になります。


手続きは何が大変なの?

許可を得るために

  • 膨大な書類の準備・提出
  • 事業計画・予算書の作成
  • 債務引継ぎ・資産(車・医療機器等の取り扱い)

などの準備が必要で、特に書類は厚さ2センチにも及ぶほどのたくさんの書類を準備することもあります。


事例

依頼主:本院と分院を持っている方

依頼内容:先進的な治療を提供するために診療所を分院に統合。(本院は閉めて、分院を本院にする)

準備

●先進医療のための準備

  • 新しい医療機器を購入するための銀行から融資を得る
  • 融資条件として主たる事務所の住所を分院に変更するための届け出が必要

●実際の流れ

許可を得るために届け出を含む主たる事務所変更を含めて許可申請を行う。

上記条件を得るためには、①過去の定期的な届け出と②変更事項に関する届け出をすべて提出している必要がある。

①と②の両方が提出されていない年があり、遡って提出する必要がある

書類をそろえるために時間がかかると融資を得る時期が遅くなり、病院の利益損失の可能性がある。

●どうすればいいか

優先は融資を受けることのため、主たる事務所の変更届が必要になった。

理想は本院の廃止と主たる事務所の変更届を同時に行うことだが、手続き上は事務所の移動届を行い、そのあとに本院廃止の許可手続きを進めることが最善と判断。

しかし、一度出した申請は取り消すことができないため、上記のやり方はできない。

それでも過去分の届け出は専門家に依頼したほうが良い。


まとめ

行政書士への依頼するメリットは

  • とにかく書類作成に手間と時間がかかる
  • 進め方(手順)によって適切なタイミングがある

これらに慣れている行政書士に依頼することがベスト。

それぞれの専門があるために問題が大きくなる前に専門家へ相談を。


ベネフィット

小島さんがお客様に出来ることは・・・

  • 最適な手続きと進め方を提案
  • 書類作成と行政庁対応など、時間がかかる部分を代行

そうすることでお客様は・・・

  • 叶えたいことを時短で実施できる
  • そのための時間を捻出できる

行動要請

ターゲット

  • 税理士:顧問契約をしていて本業以外のことも相談される
  • 司法書士:登記事項の変更の相談の中で医療関係のこともある 

これらの方に、

「医療法人の手続き対応で本業以外に時間を取られていませんか?」

「ドクターから相談の手続きをされたけど、最適な方法や手順について相談したいと思いませんか?」

と聞いてみてください。

これらの返事が「YES」だった場合、

「ドクターの支援をしたくて行政書士になって、医療法人の手続き代行を専門としている人がいるよ。人当たりが良くてその人柄に魅力を感じるそんな行政書士だよ」と言って、小島さんの名刺をお渡しください。

 

小島さんのお仕事について、詳しくお知りになりたい方は

ぜひ、小島さんとお話してみてください。


BNI MT.チャプターは2019年8月4日(日)に五反田夏祭りでザリガニ釣りの出店をします。

上記のTシャツを着たメンバーたちが皆さまをお出迎え致しますので、近くにお寄りの際はぜひお立ち寄りください。

******************

Mt.チャプターでは毎週火曜日に定例会を開催しています。

当日は各メンバーのビジネスプレゼンテーション

だけではなく、名刺交換でお互いに交流していただく時間や

ビジター様にご自身のビジネスを紹介いただく

時間もご用意しています。

 

「メンバーのこの人と話してみたい」

「自分のビジネスを多くの人に知ってもらいたい」

という方は、よろしければ一度、定例会の会場に

いらしてみてくださいね。

 

>>Mt.チャプターの定例会を覗いてみる

>>メンバーにどんな人がいるか見てみる

*******************

«