新規メンバー募集中

「IT導入補助金2019」WEBシステム開発 藤田 真一

date:2019/05/08

5/7(火)Mt.チャプターの第336回定例会が行なわれました。

 

今回のメインプレゼンテーションは

x

WEBシステム開発 / 藤田 真一

株式会社WIT

経験年数16年。

現在は、お嬢さんの成長と、いつまで一緒に学校までの道を歩いてくれるかが気になるということです。

 

今回は、業務効率化に繋がる、IT導入補助金について教えていただきました。

 

IT導入補助金を受けるにあたって

IT導入補助金を受けるためには条件があります。

条件:簡易な電子ツールは導入されている

例:ホームページは持っている、顧客管理はエクセルで行っている 等

 

補助対象経費

IT導入補助金の対象経費は、

業務フローのシステム化及び、

小売業では「ECサイトで注文管理・在庫管理・顧客管理・売上管理などを行う」

教育関連では「eラーニングで生徒管理-利用率、動画視聴状況、受講進捗管理、達成率分析、学習時間分析」

等が対象です。

いくら補助金が受け取れるか

補助額は40万円〜450万円です。

補助率:1/2 → 「例えば 200万円のシステムで100万円補助」

 

 

ターゲットと行動要請

藤田さんのターゲットは

  1. 自社ホームページで注文を受け付けている小売業
  2. 事業目的に「教育」が入ってそうな企業
  3. システム開発以外のIT企業

です。

これらの方に、

「少しご無沙汰しております。お元気でしょうか。
唐突で恐縮ですが、XXさんのところは、ECサイト(eラーニング)は導入されてましたでしょうか??」
質問をしてみてください。

もし、答えがNoなら「国の補助金をつかってECサイト(eラーニング)を作れるという話があるのですが、ご興味ございますでしょうか」と言って、藤田さんをご紹介ください。

また、「3.システム開発以外のIT企業」は、

補助金の影響や景気の影響もあり、システム開発の需要は高いのに、IT関連企業でもシステム開発ができる企業は少なく、

更に中小企業対象となるともっと少なくなります

※去年のIT導入補助金は、応募すればほぼ100%採択だったにも関わらず数百億円あまったそうです。

システム開発の外注先を探しているIT企業は多いです。

そういったIT企業も藤田さんの仕事を紹介する対象になります。

藤田さんのお仕事について、詳しくお知りになりたい方は

ぜひ、藤田さんとお話してみてください。

******************

 

Mt.チャプターでは毎週火曜日に定例会を開催しています。

当日は各メンバーのビジネスプレゼンテーション

だけではなく、名刺交換でお互いに交流していただく時間や

ビジター様にご自身のビジネスを紹介いただく

時間もご用意しています。

 

「メンバーのこの人と話してみたい」

「自分のビジネスを多くの人に知ってもらいたい」

という方は、よろしければ一度、定例会の会場に

いらしてみてくださいね。

 

>>Mt.チャプターの定例会を覗いてみる

>>メンバーにどんな人がいるか見てみる

*******************

«