新規メンバー募集中

他では出来ないと言われたシステムも、創り出します!

date:2019/12/23

12月17日 五反田Mt.チャプター 定例会

今回のメインメインプレゼンテーションは

webシステム開発を行っている

株式会社WITの代表取締役、

藤田慎一さんです。

ちなみに藤田さんは、早稲田大学や中央学院大学で、

「情報科学」 「webプログラミング」 等の非常勤講師を務めており、

e-ラーニングの博士号も取得している優秀な人財です!

 

 

そんな藤田さんが代表を勤める株式会社WITでは、

新規にwebシステムを導入したいという企業、

または現在導入しているwebシステムをもっと効率良くし、

より生産性を高めたいと希望している企業に対し、

希望に沿ったwebシステムを提供する会社になります。

 

今やwebシステムを導入することは当たり前の時代ですが、

それでも新規導入、改善費用は高額。

なかなか相談も出来ない状況という企業も多いと思いますが、

制作は安価で提供しているので、ご安心ください!

 

 

 

そもそも、webシステムとは、

 

・ ビジネス情報 (売上、顧客、履歴など) の記録や処理、伝達を行う

コンピュータの仕組み

 

ということです。

例えば、ホームページが完成したとしても、それを動かすシステムが

備わっていなければ、何の意味もありません。

要するに、ホームページを便利に機能させる仕組みを創っているのが、

株式会社WITなのです。

 

 

これから新規に事業を立ち上げる方、新規で法人を設立される方で、

webシステムを導入したいけど、どこに相談したらよいか分からない、

または相談してみたものの、予想以上の費用が必要で困っている、

という方に対して、非常に良いレスポンスを返せるのが藤田さんです。

 

 

または、既にwebシステムを導入しているが、

システム管理をしていた従業員が退職してしまい、後任がいないので

運用することが出来ない。または、開発を依頼していた業者と

連絡が取れなくなってしまった。

もしくは、新規でシステム開発を依頼していたが、

海外の業者に丸投げされて、いつまでたっても導入されない。

こんなお困りごとにも対応してくれます。

 

 

更に、このようなケースはないでしょうか?

① 顧客に事業のIT化を提案したが、webシステム開発をどこに依頼したら良いか分からない、中小企業診断士の方。

 

② web戦略を提案し、事業の拡大や売上の増加をアドバイスしているが、実際にそれを実現できるシステムが現在無いと困っている、webコンサルタントの方。

 

③ webシステムを導入し、事業の効率と生産性を向上させ、対象事業の価値を上げたいと相談をされている、事業継承専門の税理士の方。

 

上記に該当する方がいらっしゃれば、すぐに株式会社WITにご相談ください。顧客に対し、「お任せくだされば解決できますよ」と言ってあげることが出来ます。なおかつ、上記3業種の方の本業の評価も上がることでしょう!

 

株式会社WITに依頼するメリットとして、

代表の藤田さんが優秀であることはもちろんですが、

 

・ コストを抑えて開発できる

・ 他では出来ないと言われた案件も出来る

・ スピード優先

・ 実績と信頼、そして経験

 

この4つがあるからです。

 

 

設備投資をしたくてもすぐに実行に移せない日本の経済状況下で、

中小企業の味方となってくれる株式会社WIT。

まずは、皆様がどんな問題を抱えているのか、相談してみては

いかがでしょうか? 新しいシステムを導入することで、

世界が便利になります。

そして、業績向上に繋がっていくことでしょう!

【問い合わせ先】

●株式会社WIT

●東京都足立区綾瀬2-43-5-404 綾瀬ダイカンプラザ

●代表取締役 藤田真一

●電話 : 03-5858-6034

メール : hujita@witinc.co.jp

ホームページ : https://www.witinc.co.jp/

 

 

【11月度の1to1キング】

BNIのメンバー同士が一対一で面談し、

お互いのビジネスをより深く理解するとういう1to1。

11月に最も多く1to1を行ったメンバーは、

「ユーザーをその気にさせるホームページ制作」専門、

わとなー行政書士事務所の内記一博さん!

 

 

ギバーズ・ゲインの理念を貫き、他のメンバーに貢献している姿勢は

見習うものが多くあります! これからの貢献にも期待いたします!

 

※このブログを読んで頂いた皆様、是非一度、

Mt.チャプターの定例会に参加してみてください。

きっと、ビジネスチャンスが眠っているはずです!

 

END

«